週休3日薬剤師.com

recruit/
あの人材紹介会社の手数料
なんでこんなに高いの?
慢性的に人手が足りず苦しい。
採用しても環境が悪く、逆に
働く薬剤師さんに申し訳ない。
募集をかけても、こんな時代
だからどうせ無駄なんでしょ?
苦労して採用して教育するけど、
すぐに辞めてしまってツラい…。
高い紹介料を使って採用した
薬剤師、すぐ辞めた!
東京で
新規出店・M&Aしたいが、
薬剤師が採用できるのか!?
面接して、給与提示をしても
全く採用できない!
長時間労働で、
薬剤師がどんどん抜けていく!
薬剤師の 採用コスト上昇人材不足採用困難高い離職率 でお困りの
経営者様 ・ 採用ご担当者様 へ。
株式会社週休3日

薬剤師の
人材不足、採用困難、高い離職率、
採用コスト上昇でお困りの
経営者様・採用ご担当者様へ

株式会社週休3日が運営する、有料職業紹介サービス週休3日薬剤師.comを利用して、週休3日正社員を採用しませんか?


週休3日薬剤師.com をご利用いただく
5つのメリット

#1初期費用0円。

求人掲載は無料。成果報酬型の人材紹介サービスです。(厚生労働省 許可番号 22-ユ-300494)

薬剤師さんを実際に採用した時に、初めて費用が発生します。

#2御社の求人に興味を示す
薬剤師が増加。

週休3日正社員』という求人情報、とすることで他との差別化になり、御社の求人に興味を示す薬剤師が増加します

一般的に、中小の調剤薬局グループ、店舗は、大手調剤薬局グループよりかなり増額した金額提示をしないと興味を持ってもらえないことが多いですが、無理な給与提示をしなくても、薬剤師の採用に繋がる可能性が上昇します。

#3週休3日マッチングで、
早期離職リスクが軽減。

一般正社員だと、働くことに疲弊する薬剤師も多く、どこも似たような条件なので辞めたくなる・辞めやすい環境が整った状態での採用となってしまいます。

週休3日正社員ですと、週に+1日のお休みがあるので疲弊しづらく、離職率が下がる傾向があります。薬剤師に、モチベーション高く働いてもらうためにも有効な仕組みです。

#4週休3日マッチングで、
採用費がコストダウン。

週休3日正社員は基本的に一般正社員よりも就業時間を短く採用していただくことになります。

例えば週32時間勤務の週休3日正社員で採用いただくと、一般正社員の採用時よりも年収(人件費)が20%程度下がります。年収が下がるということは、想定年収から算出する紹介手数料も一般正社員採用時よりコストダウンすることに。

#5株式会社週休3日は
週休3日採用のスペシャリスト。

株式会社週休3日は社名の通り、週休3日採用のスペシャリスト。「週休3日正社員で採用したいけれど、どうすればいいの?」「週休3日正社員を希望する人は、やる気がないの?」といった疑問にしっかりお答えします。

さらに株式会社週休3日の週休3日採用のノウハウ(※例えば週休3日正社員採用の秘訣「週休3日ストーリー」)を駆使し、御社に有益な薬剤師さんのご紹介を目指します。


企業と薬剤師のミスマッチの実態

一般正社員
(週40時間・半休週2回)

週40H時間・半休2回
しかし現実は…

1週間のスケジュール(例)

週40時間・半休週2回の雇用形態ですが、実際には時間外業務が発生

週40H時間・半休2回
しかし現実は…

※お休みの曜日は店舗により異なります。

完全週休2日正社員
(週40時間・半休なし)

週40H時間・半休なし
しかし現実は…

1週間のスケジュール(例)

週40時間・半休なしの雇用形態ですが、実際には時間外業務が発生

週40H時間・半休なし
しかし現実は…

※お休みの曜日は店舗により異なります。

多くの薬剤師が「長時間労働」「週2回の半日勤務」等の働き方で疲弊しています。


企業にも多くのデメリットがあります

  1. 法定外時間外業務手当が高額になってしまう。
  2. 過酷な勤務を理由に離職する薬剤師が増える
  3. 離職を希望する薬剤師を繫ぎ止めるため過度な高給を提示することになる。
  4. 人材不足を解消するため、紹介会社を利用するが高額な給与条件提示と紹介手数料が発生する。
  5. 高額な費用をかけて薬剤師を採用しても抜本的に解決せず同じ問題が発生する。

このお悩みを解決するのが、
(週休3日正社員でのご紹介)です

SCROLL

店舗の事情に合わせて、株式会社週休3日が求人情報をコーディネートいたします。

以下、一例をご覧下さい。

店舗の事情に合わせて、
株式会社週休3日が求人情報をコーディネート致します!


週休3日正社員を導入する方法

週休3日正社員は、一般正社員でもなく、パート・アルバイトでもない、新しい雇用形態です。就業規則を全面改定する以外にもスムーズに導入できる方法がございます。

抜本的な人事制度改革
  1. 現行正社員制度
    (就業規則)
  2. 新 正社員制度
    (就業規則改定)週休3日正社員制
週休3日正社員制を追加
  1. 現行正社員制度
    (就業規則)
  2. 現行正社員制度
    (就業規則)週休3日正社員制
    (就業規則)
個別の雇用契約で対応
  1. 現行正社員制度
    (就業規則)
  2. 現行正社員制度
    (就業規則)
  3. 個別雇用契約
    (週休3日正社員)

※導入にあたっては必要に応じて社労士さんとご相談ください。また、株式会社週休3日にて週休3日制導入コンサルティングを行なっております。

Message

代表メッセージ

株式会社週休3日を創業する前、8年間、介護施設の施設長と、会社全体の総務人事を兼任しておりました。元々は、人材を紹介いただく側でしたので、有料職業紹介会社に求められていることは分かっているつもりです。

実際に6年間、週休3日正社員制度を運用していた経験・ノウハウを活かし、ぜひ、御社と薬剤師さんとの意義あるマッチングをさせていただきたく存じます。
お気軽にご相談くださいませ。

株式会社週休3日 代表取締役 永井宏明

簡単に導入しやすいのが魅力です。

Close

この先に進むには、お手数ですが以下ご入力ください

ボタンの先に進んでいただいた時点で、Cookieの使用を含むプライバシーポリシーに御同意いただいたと判断させていただきます。

ホーム/採用ご担当者様へ

転職・就職をお考えの方へ